秦野教会創立70周年:感謝の言葉

 カトリック秦野教会は、1951年12月8日、宣教司牧しているアトメント・フランシスコ修道会によって創立されました。私たちの秦野教会は聖ペトロに捧げられています。秦野教会の創立70周年を迎えるに当たって、去年6月から、私たちの共同体の信仰の歩みとして、「感謝」をテーマにしました。つまり、わたしたちのキーワードは「感謝」ということでした。

 まず、私たちは日常生活の中で、「神に感謝」という言葉をよく使っていますね。神様に感謝をするとき、私たちは神様無しでは生きていかれないことを実感します。神様に感謝をするとき、神様がどれほど偉大で憐れみ深いかを味わい知ることができます。神様に感謝をすることによって、神様に寄り頼むようになります。つまり、神様を中心に考えるということです。また、秦野教会で、司牧した司祭によって、洗礼を受け、神様もとに導かれたことに対して感謝の気持ちを持つことは大事だと思います。あの時、あの司祭と出会ったことによって、今の自分がある、あの司祭と出会わなかったら全く違った人生を歩んでいただろう、ということが誰にでもあるのではないでしょうか。

  「すべてのことを感謝して受け入れる者は、心の喜びに満たされます」The best way to live a life of happiness is to live a life of gratitude. 和訳すれば、「幸福な人生を得るための方法は感謝の心の人生をおくること」です。そのような感謝の心を持って生きることは大事だと思います。

 梅村正弘司教様がきてくださって、カトリック秦野教会の創立70周年記念ミサを捧げすることが できたことに心より 感謝いたします。また、本日のミサの為に、準備に携わった皆様、感謝のミサにご理解ご協力を頂いた信者の皆様に感謝です。

 みなさん、秦野教会創立70周年の祝いの喜びを周りの人々に伝えていくことができますように、祈りたいと思います。

カトリック秦野教会
主任司祭 スダーカル ヌカポグ


「おめでとうマリオ神父さま、
そしてさようならマリオ神父さま」

 8月6日「主の変容」のこの日、梅村司教様をお迎えして「司祭叙階60年」のお祝いのミサを捧げていただき、この上ない喜びとなりました。
 帰国まで時間のない中、ご尽力いただきましたこと感謝いたします。
 本来なら、由比ガ浜教会をはじめ、宣教司牧された小教区の皆さんをお迎えして、聖堂一杯に信者が集う盛大なごミサとなったに違いありません。それを想うと残念でなりませんが、猛威をふるうコロナのために諦めていたごミサを、しかも梅村司教様の司式で捧げることができたことは、神様からのお恵みであり、長年にわたり日本で宣教司牧されたマリオ神父さまへのご褒美だったかもしれません。神に感謝します。
 この日マリオ神父さまが、終始、涙・涙の“泣き虫マリオ神父”さまであったことは、マリオ神父さまをよくご存知の方は、ご想像がつかれることでしょう。
 
 そして二日後の8日夜、ミラノに旅立たれました。
コロナ禍、お見送りもごくわずかになってしまいましたが、マリオ神父さまは笑顔で手を振られ、日本を後にされました。
 マリオ神父さま、長く長くお導きいただきましたこと、心から感謝いたします。あなたのお導きで、キリストへの道を歩み、どれだけの人々が救われたことでしょう。ありがとうございました。
 これから、神父さまの毒舌(?)を聞かれないことはとても寂しいですが、どうぞイタリアで本領を発揮してください。
 お元気で! Ciao! また、会う日まで! 

 翌日マリオ神父さまがPCR検査陰性で、レッコの施設に入られたことを知り、由比ガ浜教会スタッフ一同、大喝采で大喜びましたことお伝えいたしておきます。 

カトリック由比ガ浜教会スタッフ代表 髙橋麻美

<<<<<<<♰>>>>>>


2022年8月9日

カトリック横浜教区
ラファエル 梅村昌弘 司教様
アシジのフランシスコ 祖父江優太 神父様

主の平和

梅村司教様、祖父江神父様、先日はお忙しい中、貴重なお時間をいただきましてまことにありがとうございました。

おかげさまで主のあふれる恵みのうちに感謝のミサを祝うことができました。主司式してくださった梅村司教様、ご協力くださった祖父江神父様に心より感謝申し上げます。司教様にはミラノ会にもあたたかいおことばをいただき、一同深い喜びを覚えております。

バラーロ神父は心ならずも日本を離れることとなりましたが、長きにわたり、日本での宣教にはげむことができ、たいへん幸せに思います。みなさまの深いご理解と惜しみないご協力に支えられてまいりました。身を切られるような思いでみなさまのもとを離れますが、イタリアへ帰国しました後も、日本の教会のため、横浜教区の教会のために祈り続けてまいります。

いつも寛大なご配慮をありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

立秋を迎えたとは言え、まだまだ暑さが続きます。どうぞお体大切にお過ごしください。

感謝のうちに

カトリック・ミラノ外国宣教会
日本管区長 レンボ・アンドレア

Regional House
日本管区本部

Pontificio Istituto Missioni Estere (P.I.M.E.)
Regione Giappone

6-11-6 Renkoji
Tama-shi, Tokyo-to
206-0021 GIAPPONE 

〒 206-0021
カトリック・ミラノ外国宣教会
東京都多摩市連光寺6−11−6

TEL: (+81)042-371-9844
FAX: (+81)042-371-9624